著書

失敗しない起業の法則――コロナ不況でもサバイバルする最強の経営――

top

Amazonランキング ビジネス・経済カテゴリーで1位を獲得!(Kindle)
☆起業家☆意思決定・問題解決の2部門1位!!

内容紹介

人生100年時代、このままではいけないと、起業を考えるサラリーマンが
増えています。そんな中、起業を目指すサラリーマンに待ったをかけるように
発生した「コロナ問題」。本書は、不況期でも起業してサバイバルするための
「失敗しない起業の法則」を、バブルとリーマンの2大不況を潜り抜けてきた
著者が、自分の失敗体験も交えながら書いた実用書
です。

こんな方におすすめ

起業を考えている30~40代のサラリーマン

・人生100年時代、1社にずっと勤めることができない時代。
・転職するぐらいなら、自立して自分で稼ぎたい。
・実質収入が目減り。夫婦共稼ぎが当たり前。それでも生活は苦しい。
・人に使われるのではなく、自由にリッチな世界を手に入れたい。
・副業から始めて、うまくいったら起業しようと思った。
・自分が温めてきた夢を実現したい。
・自分が中心になって社会貢献したい。

本書で得られること

・起業に活かせるサラリーマン力。
・会社と自分をつぶさないための基礎知識。
・失敗しないお金、、社員、顧客とのつきあい方。
・経営がブレないための判断基準。

目次をみてみる

【目次】

<はじめに>

・起業向きの人って、どんな人?――「サラリーマン能力」を持った人です。
・サラリーマンから経営者の器に、スケールアップしよう。

<序章>

・「コロナ問題」は、たくさんの起業家を生み出す!?
いくらスゴイ会社でも、つぶれてしまったら、元も子もない。
・「不安」を解消するビジネスチャンスがそこにある。

<第1章 起業後の失敗から学んだ「3つの大原則」> 

・私の失敗が、あなたの起業に活きる。
・サラリーマンの「コツコツ精神」を忘れると、痛い目にあう。
・「もう一度サラリーマンをやり直しなさい!」
・バブルとリーマンから学んだ「最悪と最良の法則」(1)
・初めから人は信用するな。まずは「お金を信じよ」(2)
・サラリーマン時代の肩書も【社長】も勲章ではない。
・どうしても不安だったら、副業から始めればいい(3)

<第2章 「自己管理の法則8」――経営者も、サラリーマンも、原点は「クセにすること」>

・「計画グセ」(4)を日常化・可視化しよう。
・社員がいなくても、「ひとり経営」(5)できる状態をつくっておこう。
・歩き続けよう!「焦るウサギと急ぐカメの法則」(6) 
・急ぎながらも、続けることの大切さをカメは知っている。
・決断グセをつけよう。「三者択一の法則」(7)
・困った時は、「三者択一」の方がうまくいく。
・サラリーマンの原点に戻ろう。「MUST→CAN→WANTの法則」(8)
・失敗するなら、新人のように早く、小さく。「トリプルチェックの法則」(9)
・いつもの我慢強さを「アンガーマネジメント」(10)に高めよ。
・「好きか儲けるか、人か金か」(11)——あなたはどちら?

<第3章  「顧客管理の法則6」――サラリーマンから「相棒」に変身しよう。>

・あなたの知人を「見込み客、インフルエンサー」(12)に。
・利益優先。「マネーコントロール」(13)を進化させよう。
・一歩踏み込み、品質より「納期優先」(14)でいこう。
・起業後、今まで以上に「社長アプローチ」(15)しよう。
・苦手な顧客1社が、会社全体の業績を底上げするという、「魔法の法則」(16)
・「顧客に深く」(17)が経営の安定と学びにつながる。

<第4章 「マネー管理の法則5」――あなたとお金は「一心同体」です。>

・サラリーマン時代に別口座を作って、「300万円貯金」(18)しよう。
・「お金の管理人」(19)はサラリーマン出身のあなた自身。
・入るお金と出ていくお金の「時間差攻撃」(20)に気をつけよう。
・入金サイトは短く、支払サイトは長く。
・「コロナ問題」で分かった!会社を強くするなら「時間給から脱却」(21)しよう。
・「1年の最終月の売上が1年分の営業利益」(22)と覚えておこう。

<第5章 「ヒューマン管理の法則7」――社長はPC人間、社員はDADAっ子がいい。>

・成功した先輩社長の「人マネ」(23)をしよう。
・「仲間とは一緒に起業しない」(24)方がいい。
・最初は、「イエスマン」(25)の実務家を採用しよう
・あなたへの信頼は、「信用取引」(26)がベースになる。
・「プラス言葉」(27)が飛び交う環境を作ろう。
・「DADAっ子の法則」(28)で社員を自立させよう。
・「ナナメの関係」(29)で社員の自己肯定感を高めよう。

<第6章 「経営管理の法則8」――さあ、「サバイバル社長」にステップアップしよう。>

・なぜ、誰のためにという経営理念を創ろう。「6W1Hの法則」(30)
・起業する時、「引退の時期とセット」(31)で考える―――それは極めて自然なこと。
・起業してしばらくは、「P/L重視」(32)の経営を。
・赤字をどこでストップさせるか。「コンコルドの誤信」(33)から逃れよう。
・重要な評価指標を知っておこう。「KGI→KPIの法則」(34)
・1社の顧客の「全体売上の25%超え」(35)は、経営の危険信号。
・新規事業より、「周辺を広げよ」(36)
・会社を守るなら、「ヒヤリハットの法則」(37)を実行しよう。

<あとがき>

・起業できるのは一部の特権階級ではありません。
・経営のすべての責任は、あなたにあることをお忘れなく。
・小さな会社でも、あなたは世界を動かせる。

Kindle本ランキング ビジネス・経済カテゴリーのうち、2部門で1位を獲得。

  • 起業・開業>起業家  新着ランキング1位 (売れ筋ランキング3位)獲得
  • 実践経営・リーダーシップ>意思決定・問題解決 新着ランキング1位 (売れ筋ランキング4位) 獲得

40歳で『人生の経営者』になろう。

40歳で人生の経営者ー表紙
¥1,600+税
  • 今はいいけど将来の自分が見えないと、漠然と不安を抱えている20代のあなたへ
  • やりたいことができない、このままではだめになると、焦っている20代のあなたへ
  • 独立したいと思っても、なかなか決断できない30代のあなたへ
  • 結婚したら、自分の力で家族を養っていけるだろうかと、不安に思っている30代のあなたへ

人生100年!?AIロボットに仕事を奪われる!?超寿時代を生き抜くための参考書

道化師M――30年後のラブレター――

道化師M-表紙
¥1000+税

誰でもひとつは、「捨てた」と思い込んでいる過去がある。

ひとつの時代に区切りをつけた主人公、北村(マー)が、次の人生を歩もうとしている時、心に閉じ込めていた切ない思いが、予期せず蘇ってきた。そして、過去のある出来事に決着をつけるべく、北村はひとり旅に出る。その行きつく果ては――

その過去にしっかり向き合ってみたら、やっと心が前に向き、一歩踏み出せるかもしれない、年齢を重ねても青春を謳歌するなら、若い頃の青春の痛みは、時というパンドラの箱に閉じ込めてはいけない。

ご注文について

「40歳で人生の『経営者』になろう」「道化師M―30年後のラブレター―」は以下の手順でご注文をお願い致します。

1)お申込み
ご注文は下記のフォームより、必要事項(お名前、宛先、メールアドレスなど)をご明記のうえ、送信してください。

2)お支払いについて
折返し、代金の振込先をご連絡させていただきます。
お支払いは先払いとさせて頂きます。

3)送料・手数料について
恐れ入りますが、送料・手数料は、お客様にてご負担頂きますようお願いいたします。

4)発送について
お振込みを確認しだい、アイコーポレーションより郵送にて発送いたします。

ご注文フォーム